生き生き素材研究所 無農薬の生き生き素材で新しい活用方法を研究! DIY(Do It Yourself)を応援。

次世代のアロマはこれだ!キクイモ芳香蒸留水

次世代のアロマはこれだ!キクイモ芳香蒸留水

次世代のアロマはこれだ!キクイモ芳香蒸留水 精油もそのまま含有

菊芋芳香蒸留水
画像の説明

これがキクイモです。↑
画像の説明

これが菊芋芳香蒸留水です。↑

草丈1.5~3mと大きくなり、菊に似た黄色い花を9-10月につけ、10月末に地中に塊茎を作る。茎や葉に小さな刺がある。繁殖力は強い。
主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維であり、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれる。通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれない。
塊茎を食用とする。料理としては牛乳煮、バター焼き、フライ、スープ、味噌漬け、煮物など。また、イヌリンは消化によってオリゴ糖の一種キクイモオリゴ糖(イヌロオリゴ糖)となるため、健康食品として顆粒やお茶として加工され市販されている。さらに、飼料とするほか、果糖の原料にもされる。

a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%A2" target="_blank">http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%A2</a>

キクイモの映像はこんな感じです。
普通のイモとは違います。
花は菊のような、ひまわりのような、感じです。

a href="https://www.google.com/images?q=%E8%8F%8A%E8%8A%8B&hl=ja&revid=1897345553&sa=X&oi=image_result_group&ei=dVwqVIDXBNXe8AWNx4GoDg&ved=0CCsQsAQ" target="_blank">https://www.google.com/images?q=%E8%8F%8A%E8%8A%8B&hl=ja&revid=1897345553&sa=X&oi=image_result_group&ei=dVwqVIDXBNXe8AWNx4GoDg&ved=0CCsQsAQ</a>

20世紀のはじめ頃に、エドガーケイシーという人が、多くの糖尿病の人に食べさせて、合併症から救った植物です。

a href="http://www6.ocn.ne.jp/~kikuimo/" target="_blank">http://www6.ocn.ne.jp/~kikuimo/</a>

通常イモ類には、糖質であるデンプンが豊富に含まれていますが、菊芋の糖質にはデンプンは一切なく、イヌリンという多糖類が主成分です
菊芋には天然のインスリンが含まれているといわれますが、天然のインスリンとはイヌリンの事です。
イヌリンの働きとしては糖尿病などの生活習慣病予防、肥満解消、便秘解消、更年期障害の予防・解消、ガンの成長阻害などがあげられます。
菊芋の特徴はセレン含有量 の多さです。

セレンが欠乏した人では、これを補うと、髪が抜けにくくなる、フケが減る、精子が増加する、更年期障害の症状が改善される、動脈硬化・ガン・白内障のなどの予防になる、という効果 があります。
菊芋にポリフェノールが多く入っていることは、大変ありがたいことです。
血糖値が高い状態では、活性酸素が発生して、合併症を引き起こしやすいのですが、ポリフェノールが多く含まれている菊芋は、合併症の予防に力強い味方となります。

a href="http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1703/seibun.html" target="_blank">http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1703/seibun.html</a>

a href="http://www6.ocn.ne.jp/~kikuimo/" target="_blank">http://www6.ocn.ne.jp/~kikuimo/</a>

キクイモは非常に優れた自然素材です。

さて、
キクイモ芳香蒸留水の利用方法もいろいろと思い浮かぶはずです。

・キクイモの生葉

・キクイモのドライ(乾燥葉)

a href="http://ikiikisozai.herbnoaruseikatsu.com/index.php?QBlog-20140824-1" target="_blank">・キクイモの芳香蒸留水(精油含有)</a>

上記の素材は、
生き生き素材研究所のホームページにあります。

どうぞ、ご自由にご活用ください!

当研究所はDIYを応援します。

ひらめいたことを自分でやってみよう!

上記の記載にもありますが、

敏感肌で市販の化粧商品が合わない人が、
キクイモの芳香蒸留水(精油含有)を活用しています。

自然なので大変優しく喜んでいます。

次世代のアロマです!

キクイモ全体を重要視しているので
精油と芳香蒸留水(ハーブウォーター)を分けずに、精油もそのまま含有 しています。

精油と芳香蒸留水(ハーブウォーター)を分けずに活用することが、植物全体の効果が期待できるとデータで示しています。

精油と芳香蒸留水(ハーブウォーター)を分けると、片手落ちと指摘しています。

アロマにもいろいろ活用できます。

サイエンスの目で見る ハーブウォーターの世界 井上重治 著

この本でも指摘しています!

a href="http://stat.ameba.jp/user_images/20141004/02/ikiikisozai-w/64/2a/j/o0800106713086764471.jpg"><img src="http://stat.ameba.jp/user_images/20141004/02/ikiikisozai-w/64/2a/j/t02200293_0800106713086764471.jpg" alt="" width="220" height="293" border="0" /></a>

閃いたら試してみよう!

大企業も大したことありません。あてになりません。

自分の気に入るものは自分でやるしかありません。

DIYを応援します!!

コメント


認証コード6631

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional